貴乃花の事件

  • 2018.09.30 Sunday
  • 17:03

 今日は朝から台風のニュースばかりがテレビでは流れているけど、貴乃花については概ね彼の突然の辞任は「やりすぎ」という事のようだ。「空気」を読んでうまく立ち回れと言うのが主流の意見だ。

 しかし、相撲ファンの私としてはやっぱり現相撲協会の主流がおかしいと思う。相撲協会は貴乃花に圧力はかけていないと言っているが、貴乃花の告発を事実無根だと決めた事は否定していない。何故、その事を問題にしないのだろうか?

 自分の告発を事実無根と言われる団体に留まる為には、自分の告発を取り下げなければいけないし、自分が正しいと思うのであれば、辞めるしかない。会社だってそうだ。トップと意見が合わなければ、辞めるしかないのだ。

 なのに貴乃花の行動は短絡的だと批判する。戦略的に対応しろ!って無理だと思う。

 日本の組織では問題の本質の論議がされず、議論の仕方が問題になる事がある。「違うでしょう」って言いたい。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM